NEWS

ニュース

モビリティ分野のビジネスの創出を支援する 交通環境情報ポータルサイト「MD communet™」を一般公開開始

2021年4月30日

 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、戦略的イノベーション創造プログラム(注1SIP:エスアイピー)第2期 「自動運転(システムとサービスの拡張)」(以下:SIP自動運転)における地理系データの流通促進に係る取組として、202011月から試験運用で限定的な公開をしていた(注2、交通環境情報ポータルサイト「MD communetTM」を2021430日から一般公開します。
 MD communetは、モビリティ分野の多種多様な交通環境情報の所有者と、それらのビジネス活用を目指す利用者のコミュニケーションの場として提供することで、双方による新たなビジネス創出、ビジネスマッチングを支援するポータルサイトで、この度一般公開することでより多くの企業・団体での利用が可能になります。
 内閣府は、Society 5.0の実現を目指し、多分野の事業者が保有するモビリティに関連する情報の整理・構造化を通じて、産学官が連携して地理系データに係る自動運転分野のアーキテクチャ(以下:自動運転アーキテクチャ)を構築することにより、交通環境情報を始めとするデータの連携及び流通を促進し、社会課題の解決、新たなサービス・価値の創出に向けて取り組んでいます。

【背景】
 内閣府は、Society 5.0の実現を目指し、総合科学技術・イノベーション会議の下、SIP自動運転において、府省・分野の枠を超えて基礎研究から実用化、事業化の出口までを見据えて、自動運転の協調領域に係る技術開発、実証実験等を府省横断、産学官連携して推進しています。NTTデータは、2019年度に国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下:NEDO)が管理法人を務め内閣府が実施した「SIP自動運転」のうち「自動運転・運転支援に係るアーキテクチャの設計及び構築のための調査研究」の公募に採択され、本事業に参画しています。本調査研究では、自動運転を実現するための高精度3次元地図データや、道路交通データ、車両プローブデータなどの交通環境情報の利活用環境を整備・提供するため、地理系データを利活用するためのアーキテクチャを設計し、データ検索やニーズ・シーズのマッチングを実現するポータルサイトMD communetを開発しました。
 2020年11月からポータルサイトの試験運用を行い、この度一般公開となりました。

【概要】
 MD communetは、交通環境情報のニーズ・シーズのマッチングを促進する交通環境情報ポータルサイトです。交通環境情報の活用によって、交通事故低減や交通渋滞の削減といった社会課題の解決や新たなサービス・価値を創造するため、データ提供者とデータ活用者の双方にとって魅力のある情報交換の場を作ります。その結果として、散在している様々なデータを、積極的に活用できるデータ連携・流通を促進するための仕組みの構築・普及促進を目的としています。
 なお、本ポータルサイトの一部情報の閲覧及び機能/サービスの利用においては、会員登録が必要です。
 MD communetホームページ:https://www.adus-arch.com/

MD communetが提供する価値

・オールインワンのポータルサイト
 MaaSや自動運転、物流、気象などの世の中に散在するモビリティ分野の多種多様な交通環境情報 を、市場に流通しているデータだけでなく、まだ市場に出ていない国や企業が保有するデータ等の特徴的なデータまでカタログ情報として集約していくため、ポータルサイト内で一元的にデータ検索が可能となります。

・オンライン/オフサイトでのビジネスマッチングの場の提供
 ポータルサイト上で、ニーズ・シーズの登録や会員同士でのコミュニケーションによるマッチングを支援します。オフサイトでは運営事務局によるアイデアソン等のイベントの開催や商談用のクローズ/セミクローズな場のセッティングを行います。

・レコメンデーション機能によるビジネス創出・マッチングサポート
 ポータルサイト利用者が関心を持つ領域に関連するデータのレコメンデーション機能によって、データやビジネスに関する新たな発見を促進します。

現在の会員企業について 
 データ提供者・利用者として、複数の企業が参画しています。自動車、鉄道業界と幅広い業界の 方々と参画に向けた調整をしており、今後も多くの参画企業・団体を募り、ポータルサイトの価値向上を目指します。

掲載するカタログデータ
 MD communetでは以下ジャンルのデータを掲載しています。今後も掲載データの拡充に向けて継続的に官民への働き掛けを行っていきます。

【今後について】
 今後NTTデータと内閣府、NEDO3者は引き続き連携し、官民が持つ魅力的なデータの拡充、データを活用しやすい仕組みづくり、データ提供者・データ利用者の仲間づくりを継続して取り組んでいきます。内閣府及びNEDOは、本施策とSIP自動運転の他の施策やSIP他課題との連携を強化し、自動運転の実用化を加速するとともに、地理系データの連携及び流通を促進していきます。NTTデータは、交通環境情報を多くの分野で活用できる機会を増やし、更なる魅力的なユースケースを生み出していきます。また、サービスを創出する上で必要となるテクニカルサポートを始めとするビジネスマッチング後の支援等も行っていきます。
 その結果、企業同士のマッチングが促進され、新たなサービス・価値の創出、その先の社会課題の解決に貢献していきます。

(注1)内閣府『戦略的イノベーション創造プログラム』
    https://www8.cao.go.jp/cstp/gaiyo/sip/
(注2)交通環境情報のニーズ・シーズのマッチングを促進するポータルサイトを限定公開
    https://www.nttdata.com/jp/ja/news/services_info/2020/102700/
*「MD communet」は、国内における株式会社NTTデータの商標です。
*その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標又は登録商標です。

【お問い合わせ先】
 MD communet運営事務局
 mdcommunet@am.nttdata.co.jp